出生届

[概要]

出生届を出すと、生まれてきたお子さんの氏名等が戸籍(日本国籍のお子さん)や住民票に記載されます。戸籍に記載されることで、生まれてきたお子さんの親族関係が公的に証明されます。出生地、本籍地または届出人の所在地の市区町村窓口で受け付けています。生まれた日も含めて14日以内に届出をしてください。
<届出に必要なもの>
届出人の印鑑 母子健康手帳
届出人の本人確認書類(運転免許証・住基カード等顔写真付きの公的機関発行のもの)
※お子さんの名前に用いることのできる文字は法により定められています。

[対象者]

お子さんが生まれた方

[届出できる人]

お子さんが生まれた方
(父または母。届書を持参される方はどなたでも結構です。来庁できない場合も届書の届出人の署名・押印は、父または母となります。)

[届出期日]

生まれた日も含めて14日以内(14日目が休日の場合は、翌開庁日)
国外で生まれた場合は、生まれた日も含めて3か月以内

[手数料]

無料

[手続きなど詳しくは]

「人生の出来事に必要な届け出(戸籍)(福知山市サイト)」をご覧ください。

人生の出来事に必要な届け出(戸籍)(福知山市サイト)

子育て応援情報

「ふくふく」をシェアしよう
  • つぶやく